医療脱毛は痛くない?

クリニックでおこなう医療レーザーとは?

医療脱毛とは、医療機関で医師や看護婦さんといった医療従事者がおこなう脱毛です。
国家資格を持ち、クリニック内は厳しい管理体制にあり、使用する脱毛機器も強力な医療レーザーとなっています。
この医療レーザーは、サロンなどでは使用することができないほど強力
もちろん、その効果も高いものとなっています。

ヒゲなどの濃くて太い体毛に対しても、少ない回数でそれなりの高い効果を期待することができます。
エステなどでおこなう光脱毛とは、効果も通う回数も違うのです。

ただ、効果が高く短い期間でできる、そして医療従事者がその施術をおこなうだけあって、かかる費用はエステよりも高額
また、ある程度の痛みをともなうものとなります。

エステでは痛みに我慢できないときは、効果は下がるものの出力を下げて痛みを緩和させることができます。
医療レーザーでは出力がエステよりも強力なので、その痛みもサロンでやる光脱毛よりも強く感じるでしょう。痛みに耐えられない場合は出力を下げるのではく、笑気麻酔などを使用して痛みを緩和させていきます。

これは、エステでは絶対にできない事です。

ヒゲには医療脱毛が最適

ヒゲを脱毛するのであれば、医療脱毛のほうがおすすめです。

なぜなら、ヒゲは濃くて太くて手ごわい相手なので、サロンなどの光脱毛では思ったような効果が得られない事も多々あります。特に、強力なヒゲの持ち主は手こずるでしょう。

サロンのような出力の弱い脱毛機器では、通院する回数だけが増えていき、最終的には料金を追加する…なんてことにもなりかねません。
費用面からも、強力な脱毛効果がある医療レーザーのほうがおすすめです。

ただし、ある程度の痛みは覚悟しておかなくてはいけません。
レーザーはヒゲにあるメラニン色素に熱を加えて毛母細胞を破壊しますが、この毛母細胞は神経ともつながっているので、破壊によるダメージが痛みとして感じとってしまうのです。

とはいえ、この痛みには個人差がありますし、どうしても我慢できないときは麻酔を使って軽減することも可能。
万が一トラブルがおきても、医師がいるのですぐに適した処置を施すことができます。
これは、サロンでは絶対にできないことです。

医療脱毛で痛みを感じやすい人の特徴

医療脱毛で感じる痛みには個人差があります。
肌質や色、体毛の太さ、量など…それらの状態で痛みへの感じ方が違うのです。

ちなみに、ほかの部位の体毛に比べた痛みでは、ヒゲのほうが痛くなります。
その理由は、ヒゲは体毛のなかでも髪の毛の次に密集していて濃く、根元の深いからです。

そんな医療脱毛における痛みを表現すると、「毛抜きでヒゲを抜いた時の数倍」といった感じ。肌黒だったり日焼けしている・乾燥肌・ヒゲの量も多い人は痛みも強く感じやすいようで、白い肌や日焼けしていない肌・潤いのある肌・ヒゲの量も少ないようだと、そこまで痛みも強く感じないようです。